ボム君.com

シヲタンの男子ごはんブログ

主夫も一人暮らしもドンと来い!なレシピブログ。

ほろにがでうまいゴーヤの肉詰め

f:id:mealneet0:20180817105035j:plain

ゴーヤの肉詰め

難易度:★★☆ 調理時間:★★☆ 20分ほど

 

こんばんは!

お盆休みはいかがでしたか?僕は両親の実家に行って顔をだしてきました。

母方の実家は山形で、関東と比べたらやっぱり何もないです。でも食べ物は美味しいところなので、都会にはない良さがありますね。

f:id:mealneet0:20180817104600j:plain

母方の実家は冷たい肉そばというB級グルメが有名な地区なので、帰ったら毎回食べに行きます。具材は鴨肉とネギだけですが、鴨の油の味がしっかりしていてうまみたっぷりです。

f:id:mealneet0:20180817104549j:plain

母方の実家は庭の畑で野菜を育てていて、もう80にもなる祖父が庭でいろんな野菜を育てています。いつも帰ると大量の野菜を持たせてくれます。

 

母方の実家でゴーヤをもらってきたので、今回はそれを使ったメニューのご紹介です。

 

材料 ※()内は一人分

・ゴーヤ 1本 (1/3本)

・ひき肉 300g (100g)

・玉ねぎ 1/2個 (1/6個)

・卵 1個 (1/3個)

・パン粉 ひとつかみ (大さじ2)

☆塩 小さじ1 (少々)

☆胡椒 少々 (少々)

※たれ

・醤油 大さじ3 (大さじ1)

・みりん 大さじ2 (小さじ2)

・砂糖 小さじ1 (少々)

 

作り方

①ゴーヤを5mmほどの輪切りにしてわたを取り除き、1%の塩水につけておきます。

f:id:mealneet0:20180817104225j:plain

 

②玉ねぎをみじん切りにし、ひき肉、卵、パン粉、☆印の調味料をボウルで、粘りが出るまで混ぜ合わせます。

f:id:mealneet0:20180817104237j:plain

f:id:mealneet0:20180817104247j:plain

 

③ゴーヤの内側に小麦粉を振り、その後②のたねを詰めていきます。

f:id:mealneet0:20180817104257j:plain

f:id:mealneet0:20180817103958j:plain

 

④フライパンに油をしき、片面を強火で焼き目をつけます。その後ひっくり返して蓋をして弱火で5分蒸し焼きにします。

f:id:mealneet0:20180817104009j:plain

 

⑤ゴーヤとひき肉に火が通ったらお皿に取り出し、たれを作っていきます。醤油、みりん、砂糖を④で使ったフライパンに残った肉汁とともにとろみが出るまで煮詰めます。

最後に④で取り出したものにかけて完成です。

f:id:mealneet0:20180817105024j:plain

 

ポイント

ゴーヤに詰めるたねはあまり多すぎると形が悪いので、あまりはみ出ないようにしましょう。たれを作るのが面倒な場合はケチャップでも美味しくいただけます。

 

完成!

f:id:mealneet0:20180817105035j:plain

ゴーヤの苦みと肉のうまみが口の中で溶け合って、ピーマンの肉詰めのような感覚で食べられます。ボリュームもたっぷりなのに苦みがアクセントになって、飽きずに食べられるのが特徴です。砂糖と醤油のたれもゴーヤの肉詰めに深みを出すのに一役買っています。

ゴーヤ料理はゴーヤチャンプルにばかり目がいきがちですが、ゴーヤの肉詰めもゴーヤのうまみを味わえる料理ですね。スタミナをつけて残暑を乗り切りましょう!

 

ゴーヤの他のレシピです↓

www.shiwotan.com

以上、『ほろにがでうまいゴーヤの肉詰め』の話題でした。

それではでは('ω')ノシ

 

にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ村

応援のポチっとお願いします!